【虫対策】キャンプに行きたいけど虫嫌いな方必見!おすすめの対策法を5つ紹介!

キャンプ知識
<strong>ケンタロー</strong>
ケンタロー

こんにちは!今回はキャンプ場での虫対策について紹介しますよ!

友人や家族をキャンプを誘うと、「楽しそうだけど、虫が嫌いだからなぁ」とよく言われます。

我が家も妻が虫嫌いなので、これまでキャンプ場での虫対策をいろいろ試してきました。

虫が嫌いな方でもしっかり対策すれば快適に楽しめるようになりますので、最後まで見ていってくださいね!

虫除けスプレー

まずは鉄板の虫除けスプレーです。

虫除けスプレーには大きく分けて2種類あります。

  • お肌に塗るタイプ
  • 虫に噴射するタイプ

我が家では両方使用していますのでそれぞれの特徴を紹介します。

お肌に塗るタイプ

こちらは言葉の通りお肌に塗って使います。

我が家では「天使のスキンベープミスト」を使っています。

お肌の弱い方や子どもでも使用できるお肌にやさしい成分で作られているので安心して使えますね!

虫に噴射するタイプ

こちらは虫に直接噴射します。お肌には噴射できません。

虫の侵入を防ぐこともできるので、テントやタープの入り口付近に噴射しておくといいでしょう。

ガス缶タイプが多いので、保管場所に注意が必要です。火の近くや暑くなる場所(車の中)などに放置しないように気をつけて下さい。

蚊取り線香・森林香

蚊取り線香や森林香(シンリンコウ)も強い虫除け効果があります。

私のおすすめは森林香です。

蚊取り線香よりも少し値段が高いですがその分虫を寄せ付けないパワーがあります。

森林香とは蚊取り線香が赤くなったような見た目で、使い方は外側から火をつけるだけです。

できるだけ風上に置いて、虫除けしたい場所に煙が来るようにしましょう。

ちなみに森林香の置き場は、こういったお皿タイプにしています。

以前使っていたのが吊るして使えるケースタイプだったのですが、掃除がしにくく匂いが取れなくなったのでこちらに変えました。

↑吊るすタイプのイメージ

購入される際は、掃除がしやすいタイプを強くおすすめします!

キャンプ場選び

虫対策では、キャンプ場選びも重要です。

虫が多い場所とそうでない場所が存在します。

虫がたくさん住んでいる場所を避けることで、キャンプが快適になります。

虫がたくさん住んでいる場所

  • 木が多い場所
  • 川や池の近く
  • 牧場の近く

こういった場所は虫がたくさん発生する可能性が高いので、特に夏キャンプでは避けた方が無難です。

特に木の下にテントを貼るのはおすすめしません!場所によっては毛虫が降ってくることもあります…

日陰が欲しい場合は、素直にタープを貼りましょう。

虫が少ない場所

画像:ふもとっぱら

絶対に虫がいない場所はありませんが、できるだけ虫が少ない場所を選ぶことで虫対策にはなります。

  • 広場のように開けた場所
  • 標高の高い場所

広場のように開けた場所は、木や水辺が近くにないことが多いので虫も少ないです。

また標高が高くなると気温が下がり虫も少なくなる傾向があります。

近くにそんなキャンプ場がないという場合は

  • 木の近くを避ける
  • 水辺を避ける

これだけでも効果があると思いますので、テントを貼る際は意識してみて下さい。

テント・タープ

テントやタープはたくさんの種類がありますが、夏は虫の侵入を防ぐことができるメッシュタイプが人気です。

メッシュタイプなら虫も入ってきませんからね!

我が家ではオガワの「ファシル」を使用しています。

全面メッシュにできるので中で過ごしていても風通しが良く快適に過ごせます。

夏用にメッシュタイプのテントやタープを持っていれば、虫嫌いな人でもキャンプに誘いやすくなるでしょう!

虫除けグッズ

最後に虫除けグッズを2つ紹介します。

オイルランタン用_シトロネラパラフィンオイル

こちらはオイルランタン用の燃料です。

虫が好まない天然ハーブオイルを含んでいるので、燃やしながら虫除けにもなります。

画像:デイツのハリケーンランタン

虫除けだけでなくキャンプをおしゃれに演出できますよ!

おにやんま君

安心してください!ニセモノです笑

蜂やアブの天敵であるオニヤンマをモチーフに作られています。

帽子やタープなどにくっつけて使います。

今のところ効果は実感できていませんが、見た目が可愛いので使っています。笑

まとめ

虫除け対策5選、いかがでしたか?

参考になるものが一つでもあれば嬉しいです。

しっかり虫対策して、快適なキャンプを楽しんで下さいね!

では、良いアウトドアライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました