【伊豆熱川】バナナワニ園へ行ってみた!熱川は温泉だけじゃない⁉︎【伊豆観光】

日常
<strong>ケンタロー</strong>
ケンタロー

こんにちは!

今回は伊豆熱川にあるバナナワニ園へ行ってきた様子をお届けしますよ!

先日、夫婦で伊豆熱川の方へ観光へ行ってきました。

バナナワニ園というめずらしい動植物園があったので寄ってきました。

今回はその様子をお届けします。

最後まで見ていってくださいね!

訪問:2023年6月

バナナワニ園について

何があるの?

バナナワニ園は温室がいくつも並んでいる施設になっていて、飼育されている動物や植物が見学できます。

動物はワニやレッサーパンダ、アマゾンマナティーが人気。

植物はバナナや熱帯植物を見ることができます。

営業時間・駐車場

営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)

定休日:年中無休

駐車場:無料(大型バス 10台/乗用車 150台)

入園料

おとな        :1,800円

こども(4歳~小学生):900円

4歳未満        :無料

前売りWEBチケットを購入することで最大200円値引きされます!

◇割引チケットはこちらから購入できます

アソビュー

アクセス

場所は「伊豆熱川駅」から徒歩1分の場所にあります。

「熱海駅」から各駅停車で約1時間で来れます。

車の場合は東京から約3時間/沼津から約1時間45分です。

中の様子

それでは中の様子を紹介します。

本園

外観はこんな感じ。歴史を感じます。

施設は本園と分園に分かれていて、まずは本園の方から入園しました。

本園では、ワニやマナティー、熱帯植物が見学できます。

ワニ

近いっ!!! ワニをこんなに近くで見たのは初めてです!

5分くらい見ていましたが、ピクリとも動きませんでした。

全部で16種、約140頭のワニがいるそう。

餌やりのタイミングで来ると、迫力が凄そうです!

■餌やりのタイミング

4月~9月:毎週水曜日と日曜日(水曜日:本園ワニ園 / 日曜日:分園)午後1時~  

10月~3月:毎週日曜日(本園ワニ園と分園は隔週で交代)午後1時~ 

アマゾンマナティー

アマゾンマナティーです。

日本で飼育展示されているのは「バナナワニ園」だけだそうです。

ちょうど餌の時間でにんじんが口からはみ出ていますね笑

キャベツをもしゃもしゃ食べている姿を見ていて癒されました。

熱帯植物

植物の温室にきました。めずらしそうな植物が多かったです。

あまり詳しくないですが楽しめました。

ハイビスカス

<strong>ケンタロー</strong>
ケンタロー

植物の温室が多く、思っていたより広かったです。

階段が多いので休憩しながらまわりました。笑

分園

続いて、分園の方へ移動します。

分園へは歩いて行くと急勾配で大変なので、マイクロバス(無料)が出ています。

駐車場もあるので、私たちは車で移動しました。

レッサーパンダ

レッサーパンダ!かわいすぎる。

やはり大人気で、人だかりができてました笑

バナナ温室

思わず「バナナだ」と声に出してしまいました笑

スーパーでしか見たことなかったですが、生で見れてすこし感動。

食べごろのバナナは収穫されていました。

フルーツパーラー・お土産

施設を見終えると、フルーツパーラーがありました。

先ほどの収穫されたバナナが食べられるようです。

お土産も充実。

バナナとワニのオリジナルグッズがたくさん置いてありました笑

<strong>ケンタロー</strong>
ケンタロー

施設をゆっくり見ていると1〜2時間は楽しめましたよ!

まとめ

以上、伊豆熱川にある「バナナワニ園」の様子をお届けしました。

近くに来た際は、立ち寄ってみてくださいね!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました